RSS

スピード維持

カテゴリ : 日記
より速いスピードを、より長く維持する能力が「スピード持久力」です。

 このスピード持久力を高めるために、ロング走やミドル走といった、適切な
スピードで適切に走る練習が必要です。

 このスピード持久力は「心肺」の部分、一定の酸素の摂取によって、特定の強度の運動を継続するということに関するものです。

 これに対し、「脚」の部分があるわけです。これはざっくりでいうと「筋持久力」の部分になります。スピード同様、筋力にもグラデーション部分というのはあるわけで、瞬時に大きなパワーを発揮できるような筋力があれば、少しそのパワーを落としたレベルでの運動を長続きさせることも出来る…というわけではありません。

一般的に…、スピード持久力の向上を目指すトレーニングと筋持久力の向上を目指すトレーニングとは、けっこうかぶります。まあ、裏腹な機能でもあるわけなので、当然といえば当然ですね。

上手いことその効果を得ることが出来れば、あまりあれこれ考えなくても、そのロング走なりミドル走なりの適切な負荷での反復で両方とも向上させていくことが可能です。

しかし現実は厳しく…。
両方バランス良く向上しないことも少なくないのです。同じ負荷を心肺と脚、両方に同じようにかけても反応(効果)は異
なる…。
違うものなので仕方ありません。

 一般的な傾向では、同じ負荷をかけ続けても、心肺の方が脚よりも効率良く
向上します。もちろん誰も彼もではないのですが、けっこう多くの人に当ては
まるパターンであり、結果的に、脚がウィークポイントになってくるものです。

トレーニング効果の獲得速度も理解することが必要です。



澁谷和久

あなたはもっと速く走れます。
http://fit-tec.com/


澁谷和久

あなたはもっと速く走れます。
http://fit-tec.com/

スピードの要素

カテゴリ : 日記
ほとんどの競技においてスピードの要素は不可欠です。
メカニズムを理解し関係する体力要素の改善を考慮しトレーニングをして行くことが必要です。

スピードトレーニングの全てがここにあります。

澁谷和久

あなたはもっと速く走れます。
http://fit-tec.com/

効率良く速くなる

カテゴリ : 日記
アスリートの中には、ランニングフォームは特に意識しない〜とする選手も少なくありません。指導者も意外とそうで、フォーム指導は一切しない!というコーチも珍しくありません。
最初は実業団の指導をしていたということもありましたが。
フォームは、走っている中で自然に洗練される〜という考え方が根強くあります。
しかしそれだけでは解決しない、洗練し切れない、ことがあるのもまた確か
です。自然に洗練されるのも、もそもが一流の証明(資質の一部)であり、逆
に言うと、フォームの洗練出来たことで生き残った選手が一流にまで駆け上っ
ているということです。
その裏には、消えていった選手もその何倍、何十倍もいる…?

人のとの勝負。チーム内での生き残り競争からが前提のアスリートの場合、フォームの洗練は、その材料の1つです。
陸上選手の場合は、1人1人が自分との勝負。
低空飛行を続けるのなら、きちんとフォームを修正した方が良いでしょう。

修正しないまま走り続けているとどうなるか?良くも
悪くも(たいていは悪い方にですが)フォームは固まります。その多くはけっ
こう個性的というか、癖の多いフォームになるものです。

一流選手の中にも個性的なフォームのランナーはたく
さんいますが、その個性の意味・中味が違います。
あちらは、自分の長所・
特性を生かした個性ですがこれが普通アスリートの場合は「悪い癖」である
ことが多く、短所・弱点が如実に現れているということがあります。まあ、悪
い癖なりにその人にとっては自然(走り易い?)なのですが、やはり効率は悪
く、また、様々な二次的なマイナスが出てきます。
 
 <筋の拘縮 → 動きが悪くなる → フォームが崩れる>
その逆で、<フォームのアンバランス → 動
きが悪い → 筋が拘縮する>というマイナスも生じてきます。

 これが長い間に積もり積もると、アンバランスが固定し、常に一部分に偏って負担がかかり、同じ故障を繰り返したり、慢性的な痛み・違和感を抱えて走力を発揮できなくなってくるようなことがあります。

走り方の改善・修正
は、多くの選手にとって常に課題となっているものなのです。


澁谷和久

あなたはもっと速く走れます。
http://fit-tec.com/

重陽の節句

カテゴリ : 日記
9月9日は重陽の節句、別名
「菊の節句」



あなたはもっと速く走れます。
http://fit-tec.com/

高強度トレーニング

カテゴリ : 日記
高強度トレーニングが効果的と主張する理由に「強度が高くなれば遅筋も速筋も動員され、双方にトレーニング効果がある」という考え方があります。
高強度インターバルトレーニング(HIIT)とラットの異なる特性の筋肉(前脛骨筋FG・腓腹筋FOG・ヒラメ筋SO)でミトコンドリアの呼吸と電子の漏れを調べた研究を紹介します。
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371%2Fjournal.pone.0131766&fbclid=IwAR17hc1wo7wjJsa-vJy-eleMGw0F_v-oppGUQ6hVYp4KWW_6m-3Ku7k74cY
実験はラットで運動はスイミング(20秒+休憩10秒×14回)週3回を6週間行った。 負荷は体重の9%から始め、1週間ごとに1%増加。
SEDはトレーニングしなかった。
6週間後のMaximal Endurance Test (s)はSED174秒、HIIT349秒だった。スイム時間は約倍
しかし注目すべきは
HIITを6週間した結果、速筋線維群(前脛骨筋、腓腹筋)のミトコンドリアの呼吸、ATP合成は高くなったが、遅筋線維(ヒラメ筋)の呼吸、ATP合成は低下した事である。
この結果から言えることはHIITだけでは遅筋線維のトレーニングにはならない。
すなはち、「強度が高くなれば遅筋も速筋も動員され、双方にトレーニング効果がある」とは言えない。
高強度インターバルトレーニング(HIIT)では遅筋のトレーニングにはならない。

澁谷和久

あなたはもっと速く走れます。
http://fit-tec.com/
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
代表
澁谷和久
日本体育協会公認パワーリフティング指導員
日本陸連公認Jrコーチ
日本SAQ協会認定SAQインストラクター
ランニング学会認定CRI

「大原スポーツメディカル
専門学校講師」
「東洋医療専門学校講師」
「甲賀健康医療専門学校講師」

所属学会:
日本スプリント学会
ランニング学会


TEL
090-1484-3891

kazshibu1130@mail.goo.ne.jp
京都本社

京都市南区
吉祥院石原西町12-3
日産工業㈱2F(地図
□滋賀支社
滋賀県彦根市竹ヶ鼻町631
QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード
無料フィットネス相談
毎週木曜
AM10:00~11:00
要 予約


登録指導者
・健康運動指導士
・大学教員・専門学校教員
・アスレティック
 トレーナー
・ストレングスコーチ
・介護予防運動指導者
・NSCA-CSCS
・NSCA-CPT
・フィットネス
 インストラクター
・マラソンコーチ
・ヘルスケアトレーナー
・日本体育協会
 スポーツ指導者
・ジョギング
 インストラクター
・各種スポーツコーチ
・健康運動実践指導者
・SAQインストラクター
・エアロビクス
 インストラクター
・体育家庭教師


QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード