RSS

高強度トレーニング

カテゴリ : 日記
高強度トレーニングが効果的と主張する理由に「強度が高くなれば遅筋も速筋も動員され、双方にトレーニング効果がある」という考え方があります。
高強度インターバルトレーニング(HIIT)とラットの異なる特性の筋肉(前脛骨筋FG・腓腹筋FOG・ヒラメ筋SO)でミトコンドリアの呼吸と電子の漏れを調べた研究を紹介します。
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371%2Fjournal.pone.0131766&fbclid=IwAR17hc1wo7wjJsa-vJy-eleMGw0F_v-oppGUQ6hVYp4KWW_6m-3Ku7k74cY
実験はラットで運動はスイミング(20秒+休憩10秒×14回)週3回を6週間行った。 負荷は体重の9%から始め、1週間ごとに1%増加。
SEDはトレーニングしなかった。
6週間後のMaximal Endurance Test (s)はSED174秒、HIIT349秒だった。スイム時間は約倍
しかし注目すべきは
HIITを6週間した結果、速筋線維群(前脛骨筋、腓腹筋)のミトコンドリアの呼吸、ATP合成は高くなったが、遅筋線維(ヒラメ筋)の呼吸、ATP合成は低下した事である。
この結果から言えることはHIITだけでは遅筋線維のトレーニングにはならない。
すなはち、「強度が高くなれば遅筋も速筋も動員され、双方にトレーニング効果がある」とは言えない。
高強度インターバルトレーニング(HIIT)では遅筋のトレーニングにはならない。

澁谷和久

あなたはもっと速く走れます。
http://fit-tec.com/
2019-08-30 11:39:01 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください

代表
澁谷和久
日本体育協会公認パワーリフティング指導員
日本陸連公認Jrコーチ
日本SAQ協会認定SAQインストラクター
ランニング学会認定CRI

「大原スポーツメディカル
専門学校講師」
「東洋医療専門学校講師」
「甲賀健康医療専門学校講師」

所属学会:
日本スプリント学会
ランニング学会


TEL
090-1484-3891

kazshibu1130@mail.goo.ne.jp
京都本社

京都市南区
吉祥院石原西町12-3
日産工業㈱2F(地図
□滋賀支社
滋賀県彦根市竹ヶ鼻町631
QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード
無料フィットネス相談
毎週木曜
AM10:00~11:00
要 予約


登録指導者
・健康運動指導士
・大学教員・専門学校教員
・アスレティック
 トレーナー
・ストレングスコーチ
・介護予防運動指導者
・NSCA-CSCS
・NSCA-CPT
・フィットネス
 インストラクター
・マラソンコーチ
・ヘルスケアトレーナー
・日本体育協会
 スポーツ指導者
・ジョギング
 インストラクター
・各種スポーツコーチ
・健康運動実践指導者
・SAQインストラクター
・エアロビクス
 インストラクター
・体育家庭教師


QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード